脳梗塞は正しい知識で予防|ストップ!恐ろしい症状

医者

寝たきりになったら

老人

脳梗塞で寝たきりの状態になった時の介護は大変です。患者の生活の質を落とさないためにも適切な介助をする必要がありますが、一人で介護することはとても大変でそのような人たちのために介護病棟がある病院も存在しています。

脳血管の奇形による病気

医療器具

脳動静脈奇形とは先天性の、脳の血管が奇形となる病気です。脳内の様々な部位に発症し、脳内出血・くも膜下出血・てんかん発作を引き起こします。これらの症状から現れる頭痛や吐き気、痙攣発作などが発生した場合には、脳動静脈奇形の可能性を考慮し早急に専門の医療機関での検査が重要です。

高血圧の方は注意が必要

生命に関わる病気である脳梗塞を発症させないためにも、此方のサイトを参考にして予防を行っておきましょう。

動脈硬化との関係性

医者

脳梗塞とは脳内の血管が詰まってしまうことで発症します。血管が詰まってしまうと、血液が通れなくなり酸素が運べません。そのため血液が流れなかった部分が壊死してしまいます。その壊死した脳の部分の担っている機能によって、手足の麻痺や言語障害が残ります。ではなぜ脳内の血管が詰まってしまうのでしょうか。まず脳内の血管に動脈硬化が進んでいる場合、血管は狭くなります。動脈硬化とは血管の壁が硬くなったり厚くなることで血管内が狭くなり、血液の流れが悪くなってしまう症状です。血管がもろくなると血管の壁に粥腫が出来ます。その狭くなった血管に、粥腫がはがれ落ちて詰まったり、粘り気のある血が、かたまってしまうと血栓が出来ます。

血栓が他から運ばれる事も

また、脳内の血管に血栓ができていなくても、ほかの体の部分で発生した血栓が、血液の流れで脳内に運ばれることもあります。こうした血栓によって脳内の血管が詰まることは、塞栓性脳梗塞とよばれます。例えば心臓に問題があり、そのことが原因で血栓が出来てそれが脳内に流れてくる場合もあります。また、動脈硬化が進んでいる状態の方にとっては脳の血液の流れる量が低下することが脳梗塞を起こしやすい状況にもなります。血液の流れる量の低下とは血圧が下がった時や、脱水症状が原因で起こります。動脈硬化による脳梗塞は高齢の方だけでなく、高血圧や糖尿病の方は発症リスクが高いといわれています。積極的に医療機関で定期検診を受けることを心がけましょう。

脳の血管の先天的な病気

CTスキャン

脳動静脈奇形は脳の血管の先天的な疾患です。動脈と静脈が繋がってしまい、そこからナイダスと呼ばれる大きな欠陥の塊を作り出します。四割から八割の確率で破裂に至ります。治療法は開頭手術によるナイダスの全摘出が一般的で、不可能な場合はガンマナイフでの治療が行われます。