脳梗塞は正しい知識で予防|ストップ!恐ろしい症状

老人

脳血管の奇形による病気

脳血管の病気の原因

医療器具

妊娠中の胎児の際に、脳血管が形成される途中に毛細血管が正常に作られず、動脈と静脈が直に繋がってしまう先天性の病気を脳動静脈奇形言います。脳動静脈奇形の発症は、両親からの遺伝は関係ないとされています。血管の奇形である為、脳内のいたる場所に発症し、その血管が破れてしまうことで脳内出血・くも膜下出血を引き起こすこともあります。脳動静脈奇形の発症原因は現在、明確にはされていません。脳動静脈奇形の主な症状として脳内出血が挙げられます。脳内出血が発生した脳の場所によって、片麻痺・視野または視力障害・言語障害などが現れます。脳内出血の次に多い症状が、てんかん発作です。てんかん発作は痙攣発作が体の片側に集中的に起こったり、またはそれが全身痙攣に至る場合もあります。

脳血管の病気の症状

脳動静脈奇形の症状の一つに、くも膜下出血の発症も挙げられます。くも膜下出血が発症した場合、突発的な我慢できないほどの頭痛が起こります。そして頭痛と同時に、吐き気や嘔吐の症状が出ることもあります。脳動静脈奇形の治療法は、脳内出血・くも膜下出血が発症した場合には入院により、安静を確保し状態の経過観察を行います。症状が緩和され状態が安定したら、手術により動静脈奇形の部位全般を摘出します。年齢や合併症などにより、外科手術が困難と判断された患者には放射線治療が選択されることもあります。そして、てんかん発作が発症した場合には「抗てんかん薬」を使用し、状態が安定したら摘出手術が行われます。頭痛・吐き気・てんかん発作などの症状が現れた場合には、脳動静脈奇形の可能性を考慮し、直ちに救急車を要請して専門の医療機関での検査を早急に行うことが重要です。